令和元年度の除夜会を行いました。

私が2019年10月~総代で参加している期間の日頃の状況を広報させて頂きます。
アバター
tankimono
記事: 419
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

令和元年度の除夜会を行いました。

投稿記事by tankimono » 2020年1月02日(木) 16:57

2019年12月31日 令和元年最後の催し物の除夜会を行いました。
消防団の歳末防火警戒終了後の11時45分頃から提灯の撤去後に幕張や仏旗掲揚を行い除夜会の鐘を住職の突き始めでスターとしました。
  1. 西門及び正門に幕張り
    画像
     
  2. 房はこの様に結ぶそうです。
    画像
     
  3. ストーブ2セットと照明2基は明るいうちの午後3時から設営いたしました。
    みかん配布や振る舞い酒用のテーブルは古くて痛んでいる為次回は交換若しくは新調が必要です。
     
  4. 除夜会は参加人数は凡そ60名程度でみかんの個数が10個程度足りなかったようでお寺から補充頂きました。
    実際の様子は以下のYoutube動画で鐘の音色を御覧下さい。

     
  5. 撞木が痛んでいます。
    上の動画でも確認可能ですが撞木が古くて痛んでおり今回の鐘衝き時にも先端部が割れて剥がれ落ちることがありました。
    とりあえず終了後自動鐘突き復旧時に先端部分を麻紐で播いてみましたが余りにも惨めな姿なので今年度には新調交換が必要なようです。
    自動鐘突き復旧を忘れており慌てて復旧を翌日に行いましたが除夜会の鐘突き時に撞木上部のフック部分がワイヤー滑車のアングル金具と衝突し変形していました。
    変形しないように衝突防止の対策が必要ですが撞木を係留しているチェーンの長さを長くすることで撞木の上下動は抑えることが可能ですがこの上下動の位置エネルギーが撞木に衝突スピードを与えるわけなので上下動をなくすとスプリングの強化が必要と成り耐久性に問題が出てきます。
    鐘の音の大きさは撞木の運動エネルギーであることからスピードと重量の積になります。(このバランスにより音色も変わる気がします)
    即ち撞木の重量と高低差・・・

浄光寺の活動へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]