Window7でマルチブートメニューを編集する。

コンピュータ、パソコン、モバイル関連のフォーラムです
アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

Window7でマルチブートメニューを編集する。

投稿記事by tankimono » 2018年3月08日(木) 16:43

Window7でマルチブートメニューを編集する。(忘備録)

  1. 画像 スタートボタンをクリックして、検索フォームに「cmd」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。検索された「cmd.exe」を右クリックして、「管理者として実行(A)」をクリックします。
  2. 画像 まずは、「identifier(識別子)」を確認するために、「bcdedit /v」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。「bcdedit」と「/v」の間は半角スペースです。
    画像
  3. 「Windows ブート マネージャー」と「Windows ブート ローダー」が表示されました。変更するのは、各「Windows ブート ローダー」の 「description(記述)」などの作成・変更・消去が可能です。「Windows ブート ローダー」を識別するのに、「identifier(識別子)」を使います。変更に必要な文やコマンドなどは以下のようにかくにんしてください。
  4. 「Windows ブート ローダー」を識別するのに、「identifier(識別子)」を使います。変更に必要な文は以下です。

    コード: 全て選択

    bcdedit /set {identifier(識別子)} description "名称"

    「bcdedit」半角スペース「/set」半角スペース「{identifier(識別子)}」半角スペース「description」半角スペース「"名称"」です。
    まず、「bcdedit」半角スペース「/set」半角スペースを入力します。次に、コマンド プロンプトでのコピーと貼り付けを覚えましょう。

    「identifier(識別子)」は長いのでコピーした方が確実です。コマンド プロンプトを右クリックして、「範囲指定(K)」をクリックします。
    画像
  5. Bcdedit.exe コマンド ライン ツールのコマンドについては
    bcdedit /?  と入力してください。

    コード: 全て選択

    BCDEDIT - ブート構成データ ストア エディター

    Bcdedit.exe コマンド ライン ツールは、ブート構成データ ストアを修正します。
    ブート構成データ ストアにはブート構成パラメーターが含まれ、オペレーティング
    システムのブート方法を制御します。これらのパラメーターは、以前は Boot.ini
    ファイル (BIOS ベースのオペレーティング システム内) か、不揮発性 RAM エントリ
    (拡張ファームウェア インターフェイスベースのオペレーティング システム内) に
    ありました。Bcdedit.exe を使用して、ブート構成データ ストアのエントリを追加、
    削除、編集、および付加することができます。

    詳細なコマンドとオプション情報については、「bcdedit.exe /? / <コマンド>」を入力
    してください。たとえば、/createstore コマンドについて詳細情報を表示するには
    以下のように入力します。

         bcdedit.exe /? /createstore

    ヘルプ ファイルのトピック順の一覧を参照するには、"bcdedit /? TOPICS" を実行
    します。

    ストアの操作のコマンド
    ======================
    /createstore    新しい空のブート構成データ ストアを作成します。
    /export         システム ストアの内容をファイルにエクスポートします。
                    このファイルは、システム ストアの状態を復元するために後から使用
                    することができます。
    /import         /export コマンドで作成されたバックアップ ファイルを使用して、
                    システム ストアの状態を復元します。
    /sysstore       システム ストア デバイスを設定します (EFI システムにのみ有効
                    です。設定内容は再起動後は維持されません。システム ストア
                    デバイスが明確に指定されていない場合にのみ使用されます)。

    ストア内のエントリの操作のコマンド
    ==================================
    /copy           ストアにエントリのコピーを作成します。
    /create         ストアに新しいエントリを作成します。
    /delete         ストアからエントリを削除します。
    /mirror         ストアにエントリのミラーを作成します。

    これらのコマンドで使用する ID の情報については bcdedit /? ID を実行して
    ください。

    エントリ オプションの操作のコマンド
    ===================================
    /deletevalue    ストアからエントリ オプションを削除します。
    /set            ストアにエントリ オプションの値を設定します。

    これらのコマンドで使用するデータの種類の一覧については bcdedit /? TYPES を実行
    してください。
    有効なデータ形式の一覧については bcdedit /? FORMATS を実行してください。

    出力を制御するコマンド
    ======================
    /enum           ストアのエントリを一覧表示します。
    /v              既知の識別子名を使用するのではなく、エントリ識別子を完全な
                    形式で表示するコマンド ライン オプションです。
                    ACTIVE な種類のエントリ識別子の完全な形式を表示するコマンド
                    として /v を使用します。

    "bcdedit" の実行は "bcdedit /enum ACTIVE" の実行と同じです。

    ブート マネージャーを制御するコマンド
    ===================================
    /bootsequence   ブート マネージャーの 1 回限りのブート シーケンスを設定します。
    /default        ブート マネージャーが使用する既定のエントリを設定します。
    /displayorder   ブート マネージャーがマルチブート メニューを表示する順序を設定
                    します。
    /timeout        ブート マネージャーのタイムアウト値を設定します。
    /toolsdisplayorder  ブート マネージャーがツール メニューを表示する順序を設定
                        します。

    ブート アプリケーションの緊急管理サービスを制御するコマンド
    ===========================================================
    /bootems        ブート アプリケーションの緊急管理サービスを有効または無効に
                    します。
    /ems            オペレーティング システム エントリの緊急管理サービスを有効
                    または無効にします。
    /emssettings    グローバルな緊急管理サービスのパラメーターを設定します。

    デバッグを制御するコマンド
    ==========================
    /bootdebug      ブート アプリケーションのブート デバッグを有効または無効に
                    します。
    /dbgsettings    グローバル デバッガー パラメーターを設定します。
    /debug          オペレーティング システム エントリのカーネル デバッグを有効
                    または無効にします。
    /hypervisorsettings  ハイパーバイザー パラメーターを設定します。


    詳細なコマンドとオプション情報については、「bcdedit.exe /? / <コマンド>」を入力
    してください。たとえば、/createstore コマンドについて詳細情報を表示するには
    以下のように入力します。
    bcdedit.exe /? /createstore

    コード: 全て選択

    bcdedit.exe /? /createstore

    bcdedit /createstore <ファイル名>

        このコマンドは、空のブート構成データ ストアを新たに作成します。
        作成されたストアはシステム ストアにはなりません。

        <ファイル名>    ブート構成データ ストアのファイル名を指定します。
                        ファイル名にスペースが含まれる場合には、
                        引用符 ("") で囲む必要があります。

    例:

    次のコマンドは、指定されたストア ファイルを作成します。

        bcdedit /createstore C:\DATA\BCD

コンピュータ・PCへ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]