Raspberry PiでGPS時計更正のNTPサーバーを運用

コンピュータ、パソコン、モバイル関連のフォーラムです
アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

Raspberry PiでGPS時計更正のNTPサーバーを運用

投稿記事by tankimono » 2018年10月02日(火) 08:31

宅内LANにNTPサーバーを設置しました。
宅内に正確な時間管理のためにGPS時計キットNTPサーバーキットを購入し運用を始めましたが、NTPサーバーキットの電源投入立ち上げ時に少しUTC時間から進む現象を定量的に確認するためNTPサーバーをRaspberry Piで構築運用開始しました。
初期のRaspberry Pi 1 Model B+でGUIプラットフォームで使用するにはパフォーマンス不足でお蔵入りしていたものを引っ張り出してきて実験的に運用開始し問題のGPS時計キットNTPサーバーキットを監視Log記録を始めましたが十分に使用可能です。
  • NTPのログ記録のためにNASをマウントし定期的なLogをNASにCSVファイル方式で自動書き出しLog解析しています。
    画像
    これは問題のあるNTPサーバーを長時間監視し、標準時間からオフセットしている推移をlog記録し分析したものです。
  • 複数のNTPサーバーのoffsetやJitterもこの様に記録分析が可能でした。
    画像 画像
    この様に複数のNTPサーバーの時間をGPS時計のnSecオーダーの精度で監視記録することが可能でした。
    (運用しているRaspberry PiにはGPS受信機からの正確な1PPSパルスを入力し更正しています。)
    GPSで位置情報を10m精度で計測可能にするためには光や電波などの電磁波速度が約30万Km/S
    10mを進む時間は約33.33nSecです。
    即ち33.33nSec精度が狂うと10mの誤差が生じると言うことからGPSの時計精度がどの位かという事を察することが解ります。
  • NTPサーバーの説明

コンピュータ・PCへ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]