アナログレコードの超音波洗浄

電子工作に関連したフォーラムです
アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

アナログレコードの超音波洗浄

投稿記事by tankimono » 2019年3月20日(水) 07:47

アナログレコードの超音波洗浄に挑戦しています。
40年以上前のアナログ・プレーヤが動作したことから半世紀以上前から所蔵していたレコードを引っ張り出してきたところカビが生えてしまったレコードがありました。
画像
処分するにしても此れでは廃棄です。
洗浄でクリアーになるなら、出来ればどうだ可能なアナログプレーヤーやピックアップ(MC,MM)が動作するうちにハイレゾ録音出来ればと超音波洗浄にチャレンジすることにしました。
  • プレーヤー
    画像 画像
  • カートリッジ
    画像
    • MMカートリッジ
      Grace(F9-E)
      画像 画像
    • MCカートリッジ
      1. SATIN M-117E
        画像 画像
      2. DL-103D
        画像  画像
      3. DL-303
        画像 画像
超音波洗浄機を購入し安易に洗浄しました。
  1. 超音波洗浄機
    画像
  2. レーベル保護
    画像 画像
ところが、失敗してしまいました。

失敗理由と今後の取り組みは、現在チャレンジ中なので今後レポートしていきます。

アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

3Dプリンタをポチって製作中

投稿記事by tankimono » 2019年4月12日(金) 11:39

3Dプリンターを始めて導入して3D体験中です。
しかし購入したプリンターのトラブルでなかなか進みません。
  1. PLAでは問題なく印刷できるがABSではこの様にベッドから剥離して印刷不可能です。
    出来れば高温に成る超音波洗浄機の水温にも変形せずに使用できるようにPLAフィラメントより温度耐性の良いABS樹脂のフィラメントを使用したい所です。
  2. TestModelを印刷しましたが、最初は押し出し機のスリップでノズルが詰まってしまい失敗しました。ユーザーズマニュアルも英文で組立の説明はある程度、丁寧に記載されているが使用方法に関しては記載されていません。
    セッティングに関してもプリンタの構造と動作を把握していないと適切に調整する事は難しいと感じ素人には敷居が高いと感じました。
    この押し出し機のスリップの問題もフィラメントを押し出し機の軸に圧迫させる圧力調整のネジの部が半時計方向(ネジの緩む方向)で一般的に締め付ける感覚とは反対方向に回すことで調整できることが2度の分解掃除時に内部の機構を見て気付きました。
    本件はメーカーに一般常識と異なる場合はマニュアルに注意書きで説明記載頂ける様に要望いたしました。
  3. 3Dプリンタトラブル(故障)
    3Dプリンタ購入、使用後1週間ほどで故障してしまいました。

    やはり中華品質のようです。
    電源を投入ヘッドを原点にリセットしようとすると情景のビデオの通り、今にも爆発しそうな大きな音を発生させてプリンタのヘッドが暴れます。
    この症状は電源を遮断するまで停止する事はありません。
    この不具合現象は、メーカーサポートも把握し、補修パーツを中国から出荷いただけるとの事ですが中国の清明節で三日間休との事で補修のパーツが入手できるのは二週間ほど後になりそうです。

二週間も補修パーツが到着するのをのんびりと待てません。
そこで、対策パーツが届くまでの間、不具合箇所を自前の信号ケーブルでワイヤーハーネスに沿ってバイパスして信号をメインボードまでバイ・パスすることとしまいました。
画像

応急処置で何とか以下の動画のように試作・動作テストが続けられています。


3Dプリンタで試作したパーツでとりあえず動作実験してみました。

アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

ようやく使えるレベルになりました。

投稿記事by tankimono » 2019年5月06日(月) 13:10

ようやく、3Dプリンターの保守パーツも到着してまともにプリンターが動作するように成りました。
それに伴って、3Dプリンタもプレイヤーの上に鎮座してレコードのヒアリングが出来ない上程でしたが以下の様にテーブルを購入して臨時的にターンテーブルの上に3Dプリンタを上架しました。
画像
此れで、3Dプリンターでブラッシング方式の超音波方式のレコード洗浄機のパーツの改定が可能となり同時に洗浄効果とレコードの以下の様にヒアリングも行えます。

これで、ゴールデンウィーク中も洗浄しながら洗浄効果をレコードを聴くことによって実感できています。

アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

上手く洗浄できて、昔の青春時代が復活しています。

投稿記事by tankimono » 2019年5月18日(土) 14:14

この様に昔のレコードが復活し当時の青春時代に聞いたサウンドがよみがえっています。
  1. カーペンターズVol19復活
  2. レイイボーハープの復活
  3. パイプオルガン・インポップス洗浄復活
  4. キング・オブ・スイング、ブラッシング方式の超音波洗浄で復活
  5. サイモン&ガーファンクル グレーティスト・ヒット ブラッシング超音波洗浄で復活
  6. 45rpmAudioCheck・ポールモーリア超音波洗浄で復活
  7. 自作のアナログレコードのブラッシング方式・超音波洗浄機で北緯8度 北村英治 復活
  8. 自作ブラッシング方式の超音波洗浄機でサルソウル・オーケストラを復活
  9. MASTERSOUND45ストリング・カルテットの自作ブラッシング方式の超音波洗浄で復活
  10. 親父の一番長い日、レコード洗浄で復活
  11. 「関白宣言」レコード洗浄で復活するも&トラブル発生
  12. 「素顔の私」復活もDL103Dが逝ってしまいました
以上のように続々と昔の懐かしい曲が聴けるように自作のブラッシング方式の超音波洗浄機でアナログレコードが復活できています。

アバター
tankimono
記事: 416
登録日時: 2015年4月06日(月) 18:30
お住まい: 神戸市北区山田町上谷上

フォノ・イコライザーの改造

投稿記事by tankimono » 2019年6月08日(土) 15:54

レコードの洗浄も一段落し、私がアナログ・レコードのデジタル収録に使用している中古で入手したフォノ・イコライザー(オーディオテクニカのAT-PEQ20)を改造することとしました。
画像
巷のネット情報では内部のオペアンプを交換することで飛躍的に良い音に様変わりするような情報があり、期待に胸躍らせてチャレンジすることにしました。(オリジナルでもそれほど不満はありませんでしたがちょっとした好奇心です)
その情報では内部のオリジナルのJRCの2 回路入り低雑音オペアンプNJM2068Dをオーディオ用の高音質オペアンプに交換することで見違えるように改善するとの情報です。
本当でしょうか?実際に以下の様にチャレンジしてビフォアーアフターで比較してみました。
  1. 分解して内部を見てみます。
    画像
    内部の基板はこの様に、二個のNJM2068Dが乗っかっています。
    この二個のオペアンプを取外して色々なオペアンプと換装し比較視聴が簡単なようにICソケットを装着します。
  2. 取外す二個のオペアンプ
    画像
  3. 取外されたオペアンプ
    画像 画像
  4. ICソケットを取付ける。
    画像
  5. 取付けたICソケットに取外したNJM2068Dを取付けてチェックしてみました。
    画像
    NJM2068Dを取付けてチェックしてみると以前と同じで2068はダメージも無く健在です。
  6. 今度はオーディオ用J-FET 入力高音質オペアンプに乗せ変えてみます。
    画像
    このMUSES8920 は2 回路入りJ-FET 入力オペアンプで昨年プラグインパワー用のコンデンサマイクの不平衡を平衡型のXLRコネクターの出力に変換する自作変換アダプターを作成したときに結果もよく予備用に入手していた物です。

結果はまずまずで、カレンカーペンターのボーカルの息遣いもはっきり聞き取れるように改善し、オリジナルでは無音時に少しハム音が聞こえる気がしていましたが、このハム音がなくなりました。
ビフォアーアフターは実際に以下の動画で聞き比べてください。

如何ですか? 巷の情報のような変化は私の耳には感じられませんがそれでもハム音を含め幾分改善が認められました。

序でに付属のACアダプターを汎用の12V出力ACアダプタ(スイッチング電源)や18650*4バッテリ14.8VDCや自作の可変スイッチング電源出力から電源を入力してイコライザーの残留ノイズをと消費電流を測定してみました。
  1. ACアダプターによるノイズ特性
    画像画像をクリックすると拡大詳細表示可能です。
    殆どピンクノイズ(RIAAカーブ?)の違いは無いようですが、自作のスイッチング電源では低周波30-90Hzと高音域の3-8Kz近辺で6dB程度特性が良いようです。
    これはスイッチング周波数と平滑回路の差かもしれませんがグラフのように殆ど違いは無いようです。
  2. 供給電圧と消費電流の関係。
      







    供給電圧(V) 消費電流(mA) 備 考
    17.0V 134mA
    16.0V 134mA
    15.0V 134mA
    14.0V 134mA
    13.0V 134mA
    12.0V 136mA
    11.5V 100mA 12V以下ではミュート回路動作?発振する
    11.0V 97mA 12V以下ではミュート回路動作?発振する


電子工作へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]