2018.08.16に散布しました。
今年は、丹波の黒豆に防虫用の薬剤を散布する事にしました。
今迄無農薬にしていましたが、水田の畔に密集して植えているせいも有り鞘の中の豆が無視だらけです。

選別しないと枝豆として進物には出来ません。
使用した薬剤は、ホクコースタークル顆粒水溶剤を2000倍(10g/20ℓ)で散布しました。
噴霧器が昔使用していた年代物で、作業中に何度もポンピングしないと噴霧が出来ず効率が悪いです。
今年効果があれば来年には噴霧器を新調しないといけません。

背負動噴・バッテリー動噴(丸山 MSB1500Li)

2019年新調したMSB1500Liで薬剤散布しましたが来年は2度散布したほうが良いかもしれません。

2020.08.05、立つ裏の花が咲き始めた豆の木に多くの天道虫の小型サイズのカメムシ?が多く発生しており一回目の噴霧を立つ裏15ℓを3回と鍛冶屋の上に2回の計75ℓの薬剤を噴霧しました。
5回目途中でバッテリーが切れてしまったため充電後噴霧完了しました。

9月の2回目の噴霧に備えてバッテリーの追加を発注しました。